写真展&ダンスパフォーマンスが融合した新たなアート展 2022/3/20-3/30

MASKING

「隠さんと欲して弥々(いよいよ)露る」──この故事に見受けられるのは、覆い隠すという行為が内在する問題を解決しないばかりか、それをむしろ悪い形に増幅させて露呈に至らしめてしまうという人間の本質を示している。コロナ禍が起きて以来、我々は「MASKING」という様式や価値観を求められるようになった。「MASKING」とは重要な事象、大切な内容などを外部から遮断するという行為を意味している。我々は常にマスクを口にし、時には目や耳を塞いで、またあるいは心の扉を閉じる事で、身体的危害や扇動的情報からの「MASKING」を行っている。そうして我々は人々から、そして溢れかえる情報からディスタンスを置くように意識づけられている。それはあたかもひとつの例外も許さない絶対的な答えとして機能し、我々はその答えなるものに身を委ねなければならない。しかし、そうした潮流を、我々は果たして全面的に受け入れるべきだろうか。自らの周囲を巡る言葉や考えをただ受け入れてしまう事は、自らの意志を折り、安らぎの居場所を迷わせ、判断を鈍らせてしまうのではなかろうか。「MASKING」は時に我々の心を閉ざし、持つべき気概や在るべき理性を失わせてしまうのではないだろうか。 

 

写真展&ダンスパフォーマンスが融合した新たなアート展

 

「MASKING」

 

ダンサー/アーティストRion  × 写真家   Ryo Chin 

 

会期:2022年3 月20 日(日)〜3月30日(水)

時間:13:00-20:00

定休日:木曜日

入場無料

 

展示期間中にダンサー/アーティストRionによるダンスパフォーマンスをご鑑賞いただけます。

スケジュール:

3月21日(月)15:00-

3月25日(金)19:30-

3月26日(土)15:00-

3月30日(水)19:30-

 

ダンス鑑賞チケット:¥2,500(intax)※事前精算

写真展鑑賞は入場無料です。

 

ダンス鑑賞チケット申込

https://forms.gle/YZMQsbXrbt7Csw7i9

 

会場:Chin Gallery

東京都新宿区高田馬場4-36-27   1F 

 

展示のニュースリリース電子版(ダウンロード可):


Artist Profile

ダンサー/アーティスト

 

Rion Watley(リオン・ワトリー)

 

ジャンル(歴19年)

Abstract,Concrète,Street contemporary Dancer

 

経歴

 

出演歴

TEDx Kobe にてメインビジュアル オープニング, 

ヨーロッパ スイスでGROOVEN'MOVE FESTIVAL,

キッサコ-薬師寺寛邦、般若心経のMV,

20th Anniversary THE SUPER TOUR OF MISIA  Girls just wanna have fun,

ARTWAVE TPAM Fringe,

−真天地開闢集団−ジグザグ 『Guru』MV,

アイナ・ジ・エンド 『家庭教師』MV,

WurtS『BOY MEETS GIRL』MV,

 

受賞歴

OPEN YOU MIND OSAKA 優勝 

OCAT DANCE X-PLOSION2017 総合優勝

TRUE SKOOL GRAND CHNMPIONSHIPS 2017 優勝

OSAKA DANCE DELIGHT VOL.33 2位

横浜ダンスコレクション2021 アーキタンツ・アーティスト・サポート賞受賞

 

2016年 TEDx Kobe にてメインビジュアル オープニング 出演

2017年ヨーロッパ スイスでGROOVEN'MOVE FESTIVAL 出演

2017年 OPEN YOU MIND OSAKA 優勝 

2017年OCAT DANCE X-PLOSION2017 総合優勝

2017年 TRUE SKOOL GRAND CHNMPIONSHIPS 2017 優勝

2017年 OSAKA DANCE DELIGHT VOL.33 2位

2018年 キッサコ-薬師寺寛邦、般若心経のMVに出演

2018年 THE SUPER TOUR OF MISIA 出演

2020年 フランス,パリにて大植真太郎氏の演出で平原慎太郎氏などと作品制作

2020年 ARTWAVE TPAM Fringeにて梅田宏明氏がキュレーターでの作品に参加

2021年 横浜ダンスコレクション2021 アーキタンツ・アーティスト・サポート賞受賞

 

Instagramhttps://www.instagram.com/nouses_rion/

 

写真家

 

Ryo Chin 

陳 亮

 

日本広告写真家協会(APA) 正会員

中国・上海生まれ

2006年日本に留学

早稲田大学大学院卒業

2017年3月Ryo写真事務所を設立

人物撮影を得意とし、広告撮影を始め、

女優や俳優、声楽家、ダンサー、ミュージシャンなど各界のアーティストの撮影を行っている

2021年東京都新宿区にChin Galleryを設立

日本語、中国語、英語でコミュニケーション

 

受賞歴

The International Photography Awards 2018(IPA)

Professional: Advertising Beauty(部門)

IPA 2018 Honorable Mention受賞

 

個展

2022年2月「雪のロマン」@Chin Gallery

2021年12月「H+ERO MIKI」@Chin Gallery

2021年10月「書道家 市川雄大」@Chin Gallery

2021年9月「Life Poesy」@Chin Gallery

2021年6月「自我・非我・無我」@Chin Gallery

2021年5月「小宇宙(コスモ)第2弾」@Chin Gallery

2021年4月「我行我素 異同」@Chin Gallery

2021年3月「小宇宙(コスモ)第1弾」@Chin Gallery

2019年9月「NUDE」 @東京渋谷 ギャラリー ルデコ

2018年8月「No Words」 @横浜みなとみらいサブウェイギャラリーM

 

グループ展

2020年2月 monochrome XX 「Sports」 @ギャラリーE&M 西麻布

 

メディア掲載

COMMERCIAL PHOTO(コマーシャル・フォト)2019年9月号掲載

 

オフィシャルサイト

http://ryo-photography.com/

 

Instagram:ryo_chin_photography

Chin Gallery

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-36-27   1F

Tel: 070-4475-9315

Mail: chin@ryo-photography.com